ほめられ上手?echinoの生地と型紙のショルダーバッグが完成! | プクタロウの記録帳 -puku3.com-

ほめられ上手?echinoの生地と型紙のショルダーバッグが完成!

プクタロウの宿敵!

プクタロウには、宿敵がいます。
それは、キノコ隊長のご母堂・・
 
はじめて遭遇した日、会うなり「可愛いこと~」と言いながらなんと両目を目潰し!
そして、一度ならずも二度目に遭遇したときも、同じく目潰し!
しかも、はじめて遭遇したときに同じ行為に及んでいたことを覚えていなかったのです。
 
恐ろしや~。
で、今回は、そのご母堂も交えた記録帳です。
スポンサーリンク

ソーイングそのものは好きなのですが・・

エチノのパターンも型紙もステキですよね

頻繁ではないものの、趣味でもあるので女王キノミはたまに生地などの素材屋さんにいきます。最近は、Mパターン研究所の型紙やマリメッコの生地のコーナーを設けているところも増えてきているので楽しみも増してきてます。で、Mパターン研究所やマリメッコ同様に興味を持ちつつも、触手をのばしてこなかったのがechino(エチノ)のコーナーだったのです。
 
テキスタイルデザイン:echinoのウェブサイト
 
興味がありつつ、可愛らしいとも思いつつ、素敵なデザインと思いつつ、なかなか触手が出なかったのでした。理由はというと、生地の柄などは素敵なのだけれど、ブラウスやシャツ向きに感じにくく、小物むきな雰囲気なところでした。

クッションカバーとかも使っていた

それでもエチノのシリーズは、既製品でクッションカバーを購入したりしていました。ロフトとかでも購入できるので、ソーイングを楽しまず部屋に置いてあるだけでも嬉しくなりますよね。
 
エチノのクッションカバー

エチノのクッションカバー

 
たかがクッションカバーという感じではありますが、かわいいと思えたり素敵だなと感じられるアイテムを整えた中で生活はしていきたいもの。誰しもが好きということではないでしょうが、echino(エチノ)はそう思わせるアイテムかなぁ~と女王キノミは思っているのでした。
 
そのあたりはechino(エチノ)のサイトでパターンをみていただいて感じてもらえればと・・ 

手間と仕上がりに自信もないし・・

女王キノミは、ソーイングを趣味にはしてはおります。これは、以下の記録帳などでものこしていたかと思います。
マイブームは突然に!  そのときどきでマイブームになるソーイング! 女王キノミには、そのときどきでマイブームが突然やってくるたちなのです。   すると、だいたいこんな感じ・・ ・数日間、同じ...
 
ただし、趣味ではあるものの得意というわけではありません。つくっているものもブラウスやアロハシャツなどは多いのですが、小物をつくることは希なのです。
 
すると、感じるところとしては、手間と仕上がりに自信もないし・・
 
うーん、なんとかならないかなぁ~ということ。
 
そこで、女王キノミは思いました!
 
”そうだ!お義母さんにお願いしちゃおう! ”

素敵にワンハンドルショルダーバッグをつくってもらおう!

姑はキルトマスター!

さて、菓子折りもって、いざ近所に住むキノコ隊長のご母堂(姑)の元へ。
 
実は、このご母堂、パッチワークを30年以上続けているキルトマスター!だったりするのです。ひところは、公的なサービスの一環でパッチワークサークルの講師なども努めていたほど。そんなわけで、仕上がりも保証されているようなもの。お願いするのもうってつけというわけです。
 
ただし、ひとつ問題があります。それは、プクタロウに目潰しを喰らわしたことでわかるように、ふた癖もみ癖もあるのです(嫁姑どうこうではなく・・)。実は、これまでにもパッチワークで小物を作ってもらったりはしています。しかし、かならずどこかにご母堂の趣味主張が入ってくるのです。
 
30年以上キルトの世界に浸かり作品をつくってもいますし、展示会にも作品を出していたりしてもいます。その面では、ご母堂もキルト作家といって差し支えないっくくらいの腕はもっているものと思います。そして、そんな御仁に、そもそもお願いをしているのですから、趣味主張もわかります。ところが、女王キノミのテイストにどこかあわないところがあり・・(多くは語れないことになってます)。
 
そこで、今回は、生地、型紙、裏地と用意しあまり主張の入る余地がないようにしての依頼です(まぁ、それでもレースのフリフリがついて来るのではないかとの一抹の不安も・・)。 

ワンハンドルショルダーバッグの型紙

購入して、ご母堂にお願いしたのは、コチラの型紙です。画像はらいろいろ考えて、毎度のようにAmazonのアフィリエイトのリンクです。
 

 サイズは、ベルト部分を除いて、高さ16.5cm×横33cm×幅10cmと比較的小さめのショルダーバッグです。デザイン的にも使い勝手が良さそうです。お財布とお化粧道具、手帳くらいしか持たず出かけるときに使いたい手頃なデザインです。 

★実際につくった型紙は、アマゾンで売っていたショップから消えたので、類似のものに差し替えました。サイズ感や仕上がったものについても、似かよったイメージになります。(2018.02.16)

 生地のパターンは2つ用意

購入した生地も、こちらと同タイプのものです。とうぜん生地屋で購入していますが、いつものようにAmazonのアフィリエイトのリンクです。
 
鳥柄のジャガード生地

鳥柄のジャガード生地

 今回は、プリントの生地ではなく、織りの生地を購入しています。ワンハンドルショルダーバッグですし、厚手の生地の方が質感もよいでからね。生地の厚さと肌触りからすると秋から冬用という感じです。

 
ホントはもうひとつ準備したのですが、コチラはAmazonでは売っているお店がないみたいで画像なしです。ちなみにechino(エチノ)のサイトでのパターン例でいうと、decoroというシリーズの2014年「rhino」というタイプに似ています。これについては、仕上がりの画像までお待ち下さいまし。
 
というわけで、キノコ隊長のご母堂には、これらを持ち込みお願いしてみたのでした。
依頼してからは、比較的早く完成。でも、他の人に見せたいからとしばらくお預けをくらい・・。2ヶ月くらい待たされてしまいました。 

ワンハンドルショルダーバックの完成とおまけ

仕上がり(1)パターン・鳥

まずは、Amazonのリンクでも見てもらった画像の生地の方から。
鳥柄・モノトーンのショルダーバッグ

鳥柄・モノトーンのショルダーバッグ

 
一応、気を使っていただけたようで、鳥の柄がセンターに来るように型紙をとってくれたようです。ベルト部分の合わせ生地が裏地なのは・・。まぁ、針の問題があったらしいので仕方なし。
 
内側のポケットはファスナー仕上げ

内側のポケットはファスナー仕上げ

 
内側は、ファスナー付のポケットも準備してあるあたりがさすがという感じです。自分でつくったらポケットは準備してもファスナーまでは・・(絶対にありえません!)。ファスナーのところのレースも・・、ご母堂の趣味です(若干、少女趣味っぽいところがある・・)。
 

仕上がり(2)パターン・サイ

こちらは、画像なしだったパターンのものです。ということで公開!
 
サイの柄の青と赤のジャガード生地

サイの柄の青と赤のジャガード生地

 
個人的に、柄としてはこちらの方が好きだったりします。ちょっとだけ、サイを寄せてセンター過ぎないように柄をとったようです。こちらもできればベルト部分は裏地じゃないほうが・・。まぁ、仕方がありません。
 
左右サイズ違いのポケット処理

左右サイズ違いのポケット処理

 
こちらの内側は、ファスナー無しでダブルのポケットタイプ。スマホとガラケーの2台持ちではあるので、サイズに合わせて入れることができるので大助かり。なかで、あちこち飛ぶこともなくありがたい仕上げになっておりました。内側に使われている生地は、完璧ご母堂の趣味。
 

なんと、オマケもついてきた!

そして、キノコ隊長のご母堂、これまた職人芸というか業師といいますか残った生地で思いがけないものがついてきましたよ。
 
余った生地でポーチが2つ

余った生地でポーチが2つ

 
そう、化粧品などを入れる用のミニポーチがオマケでついてきたのですよ。ちなみに生地の幅がとれずに通常より小さめのなったとのことです。また、鳥の柄のほうは、良い位置で柄がとれなかったので生地を斜めにしてパターンをとったとのこと。このことで、縫うのにも若干手間がかかったみたいです。
 
ポーチの内側

ポーチの内側

 
また、こちらもポケット付きの内側の仕上げになっていて芸が細かい・・。
 

ほめられ上手?

仕上がりはとても満足!

これまでの経験から、お願いしていても正直不安があり・・。ただ、思いがけずプラスのポーチもあってちょっと感激。いかにもお手製という感じもせず、使い勝手の良いアイテムが2つも手にすることができて大満足のキノミです。
 
鳥柄ミニポーチ

鳥柄ミニポーチ

 
難点を揚げるとすれば、キノミ的にベルト部分も同じ生地で仕上げてほしかったようです。ただ、残念ながら、厚手の生地だったため針を通すのが難しかったらしく裏地を用いたらしい(キノコ隊長的には、ご母堂の自己主張だと思っているみたいだけど・・)。
 
それでも女王キノミとしては「お義母さん、ありがとう!」ということらしいです。
 

仕上がりをとてもほめられた・・

もつものが少なくて良い日の出勤日、職場にサイのパターンのショルダーを持ち込んだ女王キノミ。
その日、同僚から「どこで買ったの?」と。生地屋で買った生地と型紙なんだよねとだけいったん答えると、「すごいねぇ~」とお褒めのことばを。
 
ワンハンドショルダー2つ

ワンハンドショルダー2つ

 
まぁ、とうぜん、ことの顛末をお話して「なんだぁ~、自分でつくったのかと思って~っ」と。ただ、仕上がり具合をみて「お義母さんすごいんだねぇ~」と。
 
同僚以外にも、行きつけの美容室でも同じような会話を。
自分でつくったらこのようなことにはならなかったかもしれませんね。
 

(嫁姑関係も)うまくやってるねともほめられた・・

そして、同僚にも美容室でも同じように、「嫁姑関係をうまくやっていね」と。
 
女王キノミからすれば、気を使うし、何を話しをして良いかわからないしで、正直困惑のご母堂でして・・(プクタロウには目潰しするし!)。
 
ただ、隊長からは、
「野郎しかいない家で、娘が欲しかった人だからさぁ~。
頼めば喜んでやるいろいろやるはずだぞぉ~。」と。
 
実際、ご母堂も楽しくつくれたようで、それも喜んでいたようですから・・
 
というわけで、ホントは自分でソーイングしたいところだけど、うまいことやっている風な女王キノミについての記録帳でした。
プクタロウ
目潰し怖い!
今回出てきた生地や型紙の詳細は、コチラから↓

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017