本棚:ナチュラル・ガーデン | プクタロウの記録帳 -puku3.com-

本棚メモ006:実生の育成方針のこと

 

植物のもつ力を信じて自然に育てる

タイトル:『ポール・スミザーのナチュラル・ガーデン』
著者:ポール・スミザー/日乃詩歩子
出版社:宝島社
 
(プク談:プクタロウは博識ですけど・・)
ポール・スミザーさんは、イギリスで園芸を学んだあと来日。
日本の植物に魅了されて、日本で活躍中のガーデナー。
宝塚の遊園地跡地を庭園にしたときのデザイナーもつとめていた人です。
 

対象となる記録帳

 それはもらったみかんからはじまった うっ、熟れすぎ・・・ かれこれ10年近くまえになるでしょうか。 あるじたちが友人宅にお呼ばれし、カレーパーティをしてもらったあとのこと。   帰りぎわ、...
 
ここで出てくる放置プレーな植物の育成の方針は、ナチュラル・ガーデンの影響もある。
でも、放置し過ぎは問題があるので手を入れましょう(笑
 
さて、ベランダーな生活をしているキノコ隊長。     この春(2016年)にはひとつ苦々しい思いをしている。 それがアボカドである。 アボカドふたたび 無事に越冬していたと思いましたが...
<2016.08.31追加加筆>
 
ナチュラルにも育つのだけれど、人間がちょっとは手助けしてあげないとね。
ということで、アボカドを中心に病気対策に乗り出す予定の隊長であります。
 

この本から活かしていること

○植物の育て方
隊長が著者を知ったのはBSフジ『四季のガーデン生活』という番組。
八ヶ岳のふもとの広大な土地にナチュラル・ガーデンをつくっておいでです。
隊長としては、一度は足を運んでみたいと思っているらしい。
 
先の番組は、DVDにもなっております。
植物を育てることの初心者にもやさしい解説でとても良いものだと思います。
たとえベランダーであっても見ておきたいソフトかなぁ~と隊長談。
 
 
最近は、著書も増えてきているので、本屋さんでガーデニング系の棚でよく見かけます。
 

ポール・スミザーは擬宝珠が好き

著書やBSの番組ポール・スミザーを知るようになった隊長。
ポールが日本の植物で好きなものに擬宝珠があると知り、興味津々となってます。
まちなかで見つけては、みかけるだけで喜んでいます。
 
で、自分でも育てたいと珍しく苗を買ったことがあります。
でも、隊長の放任主義・放置プレーによるものか、残念ながら全滅・・
 
いつか再チャレンジをしたいと考えている模様。
この記録帳に登場する日も近いか???