ヒト由来幹細胞コスメの効果をハダモアとモイスチャーチェッカーで検証してみることにした | プクタロウの記録帳 -puku3.com-

ヒト由来幹細胞コスメの効果をハダモアとモイスチャーチェッカーで検証してみることにした

ヒト由来幹細胞美容液をもらったので、四十路オヤジもその効果を試してみることにした

しばらく休眠していたキノコ隊長です。クマに観察されているくらいですから、冬眠でもしていたみたいです。

さて、この記録帳は、あるじたち夫婦のくだらない日常生活の一端を公開しているものです。まぁ、旦那さんのキノコ隊長オーディオ遊びがメインになってしまっている感は否めませんが・・。あっ、でももてケアってのもそれなりにアクセス頂いているのですよ(笑

プクタロウ
訪問いただきありがとうとざいます(笑

そのキノコ隊長ですが、なにげにコンサル業をしておりまして、、。これはこの記録帳をご覧になっている方についてはご存知のことでしょう。で、先日、通販サイトをはじめたという方とお話をする機会があったみたい。ランディングページがなんちゃらと話したみたいですが、そとき頂いてきたのがコチラ・・

この美容液だよ

neuron100 濃縮5% 30ml

ふつうならこのまま、女王キノミに渡してしまうところ。ただ、キノコ隊長ってば、ふと思いましたよ。うーん、芸がないないなぁ・・と。せっかくだし、四十路のオッサンが使っても効果があるのか試してみたいなぁ・・と。

そんなこんなで、お肌の状態を画像解析しれくれるスマホアプリ「ハダモア (hada more)」と肌レンズ「ミモレ」、モイスチャーチェッカーを使いながら、四十路のオッサンにヒト由来幹細胞コスメは有効に働くのか?その効果は現れるかを試してみています。

そんな今回のあるじの日常は???

    1. ところで、ヒト由来幹細胞美容液ってなんぞや?
      1. どうも、近ごろ美容関係では流行ってるらしい・・
      2. なにがどうなって、肌に良いとされているのだろうか?
      3. 今回いただいたヒト由来幹細胞美容液はコイツだ!
    2. 四十路オヤジが使うにあたり、ヒト由来幹細胞美容液の試し方を検討してみた!
      1. 美容意識低い系、四十路オヤジのそもそものスキンケア
      2. 「使った」、「良かった」ではなく、どう変わったかを数値化と画像化で
        1. BIA法(インピーダンス)式モイスチャーチェッカーによる水分量と油分量 
        2. 日立マクセルの肌レンズミモレと専用アプリ「ハダモア」によるデータ化
      3. 具体的な測定値での判断を検討してみようか!
    3. とりあえずヒト由来幹細胞美容液を試してみよう(準備編)
      1. 四十路オヤジ、そもそものお肌の状態を確認してみよう!
      2. 肌モアとモイスチャーチェッカーで測定値などについて
      3. いつもどおりのケアで、1ヶ月計測して云える四十路オヤジの肌はこうだ!
    4. とりあえず3ヶ月ヒト由来幹細胞美容液を試してみよう(チャレンジ編)
      1. 計測は引き続き寝おきに1回、美容液を使うのは朝晩2回
      2. あらかじめ検証するための数値について目安を決めておきましょうか・・
      3. 10日ごとの測定値と画像を確認してみよう!
          1. (初日)いよいよ計測スタート。前日の就寝前から使用を試みる!
          2. (10日目)「普通肌」10日間継続中!肌にハリを感じる今日このごろ・・
          3. (20日目)シアバターからDHCのオリーブバージンオイルに変更しました
     
     
    まいどおなじみの長文駄文ですが、よろしければお付き合いくださいまし。
     
    スポンサーリンク

    ところで、ヒト由来幹細胞美容液ってなんぞや?

    どうも、近ごろ美容関係では流行ってるらしい・・

    いただいたのはこちら

     
    某日、久しぶりにお会いした社長さんから取扱商品だと美容液を頂戴してくるキノコ隊長です。しかし、四十路オヤジにはヒト由来幹細胞コスメとか云われてもちんぷんかんぷん・・。逆に、40代の奥様にとっては、率先して購入行動には移せないけれど、若干興味津々?ってな具合。
     
    そこで、この日のあるじ夫婦はこんな感じの会話が繰り広げられてましたとさ。

    (キノコ隊長)ところで幹細胞なんちゃらって効果あんの?

    (女王キノミ)アンチエイジングコスメでは注目株なのよ!

    (キノコ隊長)へぇ~、、、

    (女王キノミ)最近、雑誌とかでも特集が多いのよ!

    (キノコ隊長)ほぉ~、、、

    (女王キノミ)臍の緒で再生医療とかって話あるじゃない?

    (キノコ隊長)じゃぁ、臍帯幹細胞の幹細胞ってこと?

    (女王キノミ)まったく同じじゃないけどそんな感じ

    (キノコ隊長)なるほど

    (女王キノミ)コラーゲン補うみたいな話から、再生を促す美容って感じ

    (キノコ隊長)ふぅ~~ん、、

     
    そんなわけでキノコ隊長的には、幹細胞を使うことで、肌の再生力に働きかける美容液という認識をえるにいたります。で、再生医療でよくでてくるiPS細胞っていうのも、考えてみれば人工の幹細胞。普段から「可能なら150歳まで生きる!」をモットーに生活しているキノコ隊長ですから、美容は関心がなくてもこの手の話には興味津々です。
     
    ちなみにキノコ隊長のふだんからのたまう長生きについての妄言ですけど、、
    ”細胞レベルでは120歳が限界なんていうけど、再生医療は進歩してるし数十年後には150歳まで生きるのが当たりまえの時代がきてもおかしくない!”
     
    ”じいちゃんのじいちゃんって考えれば、遠いけどちょっと前。こんな人だったなんてのは不鮮明だけど知り得る情報。そして、その話が、江戸末ごろの話だよ。長い歴史で考えれは、最近の話でしょ~!”
     
    ”それに、長生きできれば、丁髷(ちょんまげ)からアフロまで、籠から車まで、刀からスマホまでと時代の変化を堪能できるというもんだ!”
     
    ”それより何より、年金制度は長生きするほど得する制度。凡人だし、そうゆうので得しないとね(笑”
     
    というわけで、幹細胞の何かしらのものを使うことで、肌に対する不足を補うのではなく再生を促すアンチエイジングコスメということにちょっぴり食いつくキノコ隊長です。で、なんとなく頂いた美容液にある「ヒト由来幹細胞云々」でグーグル先生にきいてみます。するとどうでしょう、万単位で検索結果がでてきます。なんでしょう。近ごろ、アンチエイジングなお話で、美容関係ではホットな話題ではあるらしい・・
     
     

    なにがどうなって、肌に良いとされているのだろうか?

    ”規定化細胞培地”と記載されておりますが、、

     
    少しは、興味をいだいたので検索結果をポチポチしながらネットサーフィンするキノコ隊長です。で、はじめはヒト由来幹細胞とかいうので、人の細胞でも入っているのかと思ったらそんなことはないみたい(笑
     
    でまぁ、puku3.comは、あくまでも四十路の夫婦の観察記録帳でして、、。今回の「ヒト由来幹細胞なんちゃら」もキノコ隊長が気になったというか思いつき。たしかに、ふだんから美容室とかエステ業と取引していることはあるけれど、美容のコンサルでもありません。そんなわけで、肌に良いとされるメカニズムについては、グーグル先生に聞いてみてください。
     
    とは云え、せっかくなのでキノコ隊長の理解した内容というか、脳内変換を披露するとこんな感じです。
     
    美容がどうしたというそもそも論はおいといて、、、ヒト由来幹細胞コスメには幹細胞が入っているわけではないのだとか。では、何が入っているのか? それは幹細胞を培養するときにでてくる老廃物というか分泌物を含んだ培養液。なので、原料(神経だの、脂肪だの)がなんであれ、それらのコスメの成分表をみると「規定化細胞培地」という言葉が踊ってます。したがって、他人の幹細胞を直接的に培養、増殖させてコスメ製品に使っているわけではありません。
     
    というわけで「ヒト由来幹細胞云々かんぬん」に入っている成分は、幹細胞を成長・増殖する過程で出てきた老廃物や分泌物と云えばよいでしょうか。で、この分泌物の中に、成長因子(細胞増殖因子)を含んでいて、その成分を含むコスメを使うことでお肌の細胞のターンオーバーにブーストをかけていくことになるらしい・・。
     
    まぁ、キノコ隊長なりの理解なので、ブーストという言葉が適切かは定かではありません・・。
     
    というのも若いうちは28~30日くらいで肌の細胞が入れ替わる(ターンオーバーする)けれど、老化ととともにスピードが落ちて年齢の数ととほぼ同じ日数かかるというのはよく知られていることかと。なんだろう、あるじ夫婦のように40代半ばなら、45日くらい必要ということでしょうか。このように細胞の代謝?が遅滞化している肌に対し、成長因子を含んむ培養液を使うことで、ターンオーバーの速度を早めていくということが幹細胞云々系のコスメで云われるメカニズムみたいですから・・。
     
    いずれにしても、再生する肌の入れ替わりが早まるために、
        1. お肌のキメが細かくととのいやすくなる
        2. 1の理由で、ハリ・つやあるお肌になりやすい
        3. 2の理由から、微シワなども目立たなくなる
    といったような効果が期待されるということらしい、、と。
     
    で、ヒト由来幹細胞コスメに関する結論をひとことで表現するとすれば、、、
    「若いころの肌サイクルに近づかせ、保湿・潤いのある肌の維持へと導くかもしれない!」そんなアンチエイジングの伝道師
    それがヒト由来幹細胞コスメ!かな・・です。
     
    とまぁ、きのこ隊長的にはネットサーフィンしながら、このように理解したみたいです。当然、専門家の見解ではありませんので、グーグル先生にでも聞いてみてくださいまし。
     
     

    今回いただいた美容液は、ヒト由来神経幹細胞培養液の濃縮5%だ!

    ヒト由来幹細胞コスメが効果があるらしいという理屈はとりあえずみてみました。で、今回頂戴してきた美容液は、コチラ

    NEURON100(ニューロン100) amazon.co.jpより

     
    せっかく頂戴したものですし、先方の通販サイトでも紹介するなり誘導すれば良いものをアマゾンのリンクにしちゃうあたり、キノコ隊長も人が悪い(笑
     
    商品名は、NEURON100(ニューロン100)というものだそうです。3タイプのラインナップになっていて、ヒト由来神経幹細胞培養液の濃度が10%、5%、3%とあるようです。で、頂いたのは濃度5%のもの。
     
    メーカーの商品サイトとかあるのかと思ったけれど、うまく見つけられませんでした・・。なんで、どんなものか商品のチラシの文言を引用するとこんことが書かれています、、
     
     
    ヒト由来神経幹細胞培養液は、主に日本人の歯茎の神経細胞から抽出した 神経細胞の培養液。神経細胞は脂肪幹細胞よりも細かに分化するため、 より細胞を活性化することが期待でき、肌の底力を上げてくれます。 また、神経幹細胞はシミができる原因となるチロシナーゼの分泌が 抑えられ、メラニン細胞の増殖を阻止する効果が高いので、 エイジングケア効果だけでなく、美肌効果にも期待できます。
     
    頂いた商品のチラシから
     
    なんでしょう、メーカーと思しき商品サイトがなかったりすると、若干の不安を覚えなくもありあません。ただ、美容業界(美容室や理容室、エステとか)だと、「市販していないんで」と商品のウェブサイトがない溶剤も多々あったりしますから・・。ディーラーさんのカタログやパンフレットでしか詳細わからないとかね。まぁ、こちらそういったものの一つなのでしょうか?
     
     

    四十路オヤジが使うにあたり、ヒト由来幹細胞美容液の試し方を検討してみた!

    美容意識低い系、四十路オヤジのそもそものスキンケア

    さてさて、頂戴した美容液を使うことにしたことは良いとして、そもそもキノコ隊長の美容に対する意識はどんなものでしょう・・。
     
    答えは、、、、、「なし!」のひと言。まぁ、まったく興味も関心もなし(笑
     
    したがって、普段から何かしらのケアをしているとはお世辞にも言えません。また、夜はお風呂には入らず、朝シャワーの生活習慣です。なので、寝る前にぬるま湯で肌の汚れをパシャパシャ落とすくらいのケアでしかありません。あとは、その日の気分でベビーオイルをちょいと顔につけるくらいでしょうか。そんなわけで、美容意識は極めて低いです。
     

    ジョンソン・アンド・ジョンソンのベビーオイル

     
    ただ、これって、「化粧すんなー!」な皮膚科の先生的には、肌の健康を保つ秘訣みたいな話はよくありますよね。なんでしょう、ネットワークに接続しないPCみたいな話でしょうか。そう!スタンドアローンこそが最大のセキュリティ! まぁ、美容について語るにこの例えが適切とは言えないかもしれませんが・・。
     
    そんなわけで、キノコ隊長的には、ドラックストアなどで見かけるメンズのニベアとかは不思議アイテムに見えてます。と云いますか、「やろっこ(男の子)が市場づくりに踊らされよって!ふつうにニベアば使えばいいべ~!」とのこと。
     

    「使った」、「良かった」ではなく、どう変わったかの数値化と画像化

    仕事として、美容室やエステサロン、理容室などとも縁があるキノコ隊長です。でも、自身の美容関係には疎いというか、繰り返しになりますがさして関心はなし。されど、ヒト由来幹細胞美容液については、実際に使って話のネタにも使ってみたい。まぁ、せっかく頂戴したものですし・・。
     
    そこで、美容意識が低い系のおっさんですが、しばらく使ってみようかなと。ただ、普段のケアが杜撰ですから、何かしらの結果はでるはずです。と云いますか、スキンケアをしていないところからの実行ですし、変化がないことの方がおかしいともいえます。言えるのは、入っている他の成分が合わず過敏に反応してボロボロになるか、ちゃんと肌がケアされることによってそれなりに整えられた肌になるかの2択でしょうか。
     
    すると良し悪しは別にして、結果がでることは自明の理。そして、単に使用しただけでは、「使った」、「良かった」の感想でしかありません。また、どう変化したのかについては、どんなに言葉を尽くしても、あくまでもキノコ隊長の主観です。それでは客観性にも欠くものかと。されとて、美容意識低い系のオッサンです。客観性と云ってもどんなものがあるのか悩みます。
     
    でまぁ、こんなときはグーグル先生に聞いてみるにかぎります。で、「肌 状態 チェック」のキーワードで検索です。すると、モイスチャーチェッカーなるものが世の中には存在しているみたい。
     
    プクタロウ
    四十路のオヤジは美容について無知です(笑
     
    さらに、アマゾンさんで「モイスチャーチェッカー」と検索をかけてみます。するとお安いのから、簡易的なもの、そして業務用、さらにはスマホで撮影して分析するものまでいろいろです。女子の方々は、こういうのを駆使するのですねぇ・・と感心するオッサンです。
     
    さて、検索結果をみながらいろいろ考えてみます。スマホで接写して撮影しても、自分では肌の状態はよくわからない。アプリと連動してスマホで撮った画像を分析できるなら、そこで出てきた数字にはそれなりに客観性は担保されそう。
     
    また、モイスチャーチェッカーで水分量や油分量を分析できれば、これまた客観性のある数字にはなりますよと。これらを駆使すれば、客観的な数値と画像のデータで肌の状態と変化について考察ができるはず・・。
     
    そこで今回、アマゾンさんでポチっとしたのが次の二点。
     

    BIA法(インピーダンス)式モイスチャーチェッカーによる水分量と油分量

    まず、水分量と油分量を計測するために手配したのが、こちらのモイスチャーチェッカー。
    amazon.co.jpより

    モイスチャーチェッカー amazon.co.jpより

    これを選んだ理由は、お値段。性能・機能より2,000円くらいに抑制したいと考えてのもの。まぁ、もうひとつの肌レンズ「ミモレ」に予算をほぼ割いてしまっていたものですから・・。で、このタイプですが、アマゾンで検索すると2,000~3,000円台でたくさん出てきます。
     
    仕組みについて簡単に説明すると、微弱の電流を流して、その抵抗の度合いで水分量と油分量を計測するのだとか。なるほどインピーダンスです。まぁ、体脂肪計みたいなものですかね。
     

    この2つのポチから電流の行き来を計測

     
    そして、多くの商品は、水分量と油分量、ハリの3点を計測できるものとして販売されているみたい。
     
    ちなみに、キノコ隊長が今回購入したのも水分量と油分量、ハリの3点を計測できます。ただ、ハリについては、数値化した表示ではなく、ニコちゃんマークみたいなものでの表示になります。
     
    キノコ隊長
    (-。-)顔文字みたいなものです。
     
    ハリについては、なんとなくの状態はわかっても数値化とは言えません。とりあえず今回欲しい数字はあくまでも水分量と油分量。機能を落としても、コイツでいいかなぁ・・ということでの選択です。
     
     

    日立マクセルの肌レンズミモレと専用アプリ「ハダモア」によるデータ化

    続いては、今回の肝になるかもしれない肌レンズをポチっです。

    肌レンズ「ミモレ」  amazon.co.jpより

    スマホ用の接写レンズと云えば良いでしょうかね。レンズ周りにストロボが灯りますので、ダイソーで売っているような単なる接写レンズとはちょっと違います。ただし、このレンズ単体で購入しても役には立ちません。あくまでも専用のスマホアプリ「ハダモア」との連動で活躍できることとなります。

    詳細は、次のサイトで確認してもらえればとは思うのだけれど、、、

    いつまでも輝けるあなたへ~ 日々変化するお肌の状態にあったスキンケアをお手伝いします。専用レンズであなたのスマートフォンが肌チェッカーに。独自アルゴリズムでリアルタイム解析。お肌の調子が気になるその時に、お肌をチェック。判定結果をあなたのスキンケアにお役立てください
    とりあえず、アプリを使って撮影すると、以下の6つの項目を点数化してお肌を判定。

    ハダモアスクリーンショット(20190301)


    【キメ】【シミ】【微シワ】【毛穴】【透明度】【美白度】

    上記の各項目を100点満点で点数化。バランスチャートで可視化し、さらに総合点で判定してくれます。
     
    接写だと、近すぎて画像に違いを感じられない可能性もあります。ただし、画像およびアプリでの点数化で肌の判定がなされていれば、ヒト由来幹細胞美容液を使い続けたときの効果についてその信憑性は高まるかなぁと・・。
     
    そんなわけで、四十路オヤジに絶対的に必要な商品とは思えませんが、これまたアマゾンにてポチっです。
     

    こんな感じで撮影

     

    具体的な測定値での判断を検討してみようか!

    それぞれの商品については、画像をクリックするとアマゾンに飛んでいくのでそちらに譲るとして測定する数値などに確認してみましょう。
     
    今回購入したIBA式モイスチャーチェッカーについては、水分量と油分量をメインに計測します。
     

    良さげの数字の日はこんな感じ

     
    単に水分量と油分量が判別しただけでは、肌の状態はわかりません。アマゾンの商品ページには次のマトリックスと同じような画像があります。そこで、水分量と油分量から普通肌、乾燥肌、脂性肌、インナードライの4つの肌質を判定させて行くこととします。
     
    普 通 肌
    水分量35~50%
    油分量20~30%
    乾 燥 肌
    水分量10~30%
    油分量15~30%
    脂 性 肌
    水分量30~40%
    油分量35~45%
    インナードライ
    水分量10~30%
    油分量30~45%
     
    続いて、肌カメラ「ミモレ」といいますか、そのアプリ「ハダモア」でといいますかで判定できるのは、キメ、微シワなど6項目というのは、先にお伝えしておりました。そして、専用アプリ「ハダモア」のサイトを見ると、判定する6項目に対してどのようなケアが必要なのかもわかるようになっています。

    とりあえず、各項目を整理するとこんな感じ。
    【ハダモアで判定する6ポイントとケア項目】
    美肌ポイント ケア項目
    毛穴 洗顔&保湿ケア
    シミ UVケア
    微シワ 保湿ケア
    キメ 保湿ケア
    美白度 UVケア
    透明感 保湿ケア
    優先度 ◎二重丸:優先 ○丸:考慮 △三角:除く
     
    今回、四十路オヤジが計測しようとしているのは、ヒト由来幹細胞美容液の効果の確認。UVケアであれば、極論、「ケロコートでも塗っとけ!」です。洗顔が絡むのも、「なんぼオッサンでも、顔くらい洗えや~」な感じです。すると、保湿ケアの項目(微シワ・キメ・透明感)をチェックしていけば、使用前使用後の変化を判断できるというものと云えましょう。

    次いで、微シワ・キメ・透明感の3項目をチェックをしていくのは良いとして、どのように評価をくだすかです。
     
    ハダモアは各項目を100点満点で、点数化してくれるます。この点数を、積み上げ算としてか、平均点としてみるか、各項目の随時みるのか・・。ちょっと悩ましいところではあります。

    でまぁ、キノコ隊長は、基本的に面倒くさがり。ハダモアで計測した保湿系3項目については、平均点をつけて保湿ポイントとしてとりあえず点数をつけることとします。この保湿ポイントによって肌の潤いの確認もとれますし、美容液を使い続けたことによってキメやシワの変化の度合いも判断がつくといえましょう。

    計測するのは良いとして、問題は継続できるか否か・・。まぁ、これについては、puku3.comで宣言してアップすることで、サボり心に釘をさして継続するとしましょう。前にしていたEMS運動器「もてケア」の3ヶ月チャレンジのときのようなものですかね。
     
    キノコ隊長(40代のおっさん)、EMS運動器を3ヶ月試してみる! 効果のほどはいかに? プクタロウが観察しているあるじであるキノコ隊長は、40代半ばではあるものの体重は高校生のころと変わらず59kg...
     

    とりあえずヒト由来幹細胞美容液を試してみよう(準備編)

    現状の四十路オヤジのそもそものお肌の状態を確認してみよう!

    モイスチャーチェッカーや肌レンズ「ミモレ」、ハダモアの手配はしましたよ、と。とは云え、一度や二度の測定で使用前の数値として判断して良いものか。これには、ちょっとした疑問があります。なぜならば、その日の体調や気温、湿度、季節によっても違うのではないかと思うから・・。そんな数回の数字で使用前の肌状態とするのはあまりに早計、芸がない。

    そこで事前準備として、モイスチャーチェッカーとハダモア1ヶ月チャレンジを決行してみましょう。とりあえず、普段どおりのケアで、・モイスチャーチェッカーによる肌状態の確認・肌レンズ「ミモレ」&ハダモアによる画像判定これを、1ヶ月間実施。

    この結果をもとに、現状の四十路オヤジの肌の状態はどうだったのかをみていきましょう。
    その上で、3ヶ月くらいヒト由来幹細胞美容液を使ってみれば、「どれくらいの効果があったのか?」を客観的なデータを元として考察することができる云えるのかなと。

    そもそもの肌の状態を知らず、四十路オヤジのお肌の変化は語れまい!と。
     

    肌モアとモイスチャーチェッカーの測定値などについて

    物事は何ごとも決めごとが大切。ということで、使用する機材、確認する数値、その期間などはなんとなく決まってきた感じです。で、続いての決めごとは、「いつ測定するのか?」です。

    一日の間でも、引きこもりの日もあれば、外気に触れ続けるときもあります。日々における肌の状態を知りたいのであれば、朝昼晩の三回測定するのが理想なのかもしれません。スマホは持ち歩くからよいとして、レンズとモイスチャーチェッカーをどこに行くのにも持ち決まった時間に測定するというのはちょっと現実的とは云えません。

    そして、夜に測定するとなると、これまた引きこもった日と外気に触れた日、その日の食事などによっても大きく左右されそう。すると測定した結果が不安定になるようにも思えます。また、朝晩二回の測定して、一日の平均値で判断するということも考えられます。ただ、これだとちょっと手間がかかるかなと。繰り返しになりますが、日々の肌の状態を知りたいわけでもないですし・・。

    そんなわけで、
    ・日々の肌の状態を知りたいわけではないこと
    ・可能な限り手間ひまかけたくない
    ・忘れて測定しそびれた!という日を作りたくない
    こんな理由で、朝に起きてから測定することとします。

    さて、朝、寝起きに測定するのは良いとして、どのタイミングで実行するかが次なる課題。まぁ、起きてすぐとか、洗顔後とか・・。で、モイスチャーチェッカーの取説の使用方法の第一項目をみると、、
    1、洗顔後、肌が落ち着く15分~20分後を目安に測定する
    (Astarye ユーザーマニュアル・使用方法より)
    上記のようにあります。

    実は、これ朝の生活習慣的にキノコ隊長としては難しそう。というのは、顔洗って、着替えてお出かけということが多いので・・。なんでしょう、目安の時間は外にいる感じ(笑 これでは測定できません。

    ということで、今回の測定は、「毎朝、寝起きに一回」ということに決定です。考えてみれば、寝ている間に、昼間の肌のダメージを回復させるなんて云ったりするわけですから、回復しているであろう肌を定期的に測定するというのはあながち間違いではないのかもしれません。
     

    いつもどおりのケアで、1ヶ月計測して云える四十路オヤジの肌はこうだ!

    (自覚編)「あまり、肌は丈夫とは云えない」という認識ではおりまして・・

    さて、1ヶ月間かけて肌の状態を確認するするのは良いとして、そもそもキノコ隊長は自分の肌ついてどのように認識しているでしょうか?
     
    キノコ隊長
    あんま強くないのと、乾燥肌かいね?
     
    では、なぜ、そのように認識しているのかというと・・
     
    ①よく粉を吹いたような感じになっている
    ②ケミカルなものになにげに反応している気がする
    ③ばあちゃんが皮脂欠乏症か乾皮症だったかと・・
     
    とまぁ、このような理由からだったりします。
     
    で、まず、99歳で亡くなったキノコ隊長の祖母です。いろんな病気を併発してはいたのですが、診断の中に「皮膚がん」という言葉も含まれておりましたとさ。実は、この祖母ですが、皮脂欠乏症または乾皮症と思しき症状を持ち合わせておりましたよ。
     
    どのような症状だったかというと、全身からフケが出てるかのように皮脂が剥がれ落ちてました・・。そして、乾皮症ですが、種類によっては、遺伝的要素もあるらしいです。キノコ隊長自身は、そのような症状は持ち合わせておりませんが、遺伝的に肌に弱さを抱える因子は持っているのだろうなぁという認識を持っているです。
     
    また、学生時代、ガソリンスタンドでアルバイトをしていたときには、化学やけどが理由でドクターストップをかけらてます。なんでしょう、揮発するガソリンで右手をやられたみたいなんですよね。また、外周りの営業をしていたときには、8×4のようなスプレーを背中に吹きかけたら、ステロイドで変色したような黒い痣をつくったこともありました。
     
    そして、さしてケアもせず、寝起きで出かけようものなら、顔を洗っていたとしても粉を吹いたようになっていることもよくありまして・・。その都度、女王キノミに注意されている始末。そんなこんなで、肌については、正直強くはないとの認識でいるキノコ隊長であります。
     
    というわけで、1ヶ月普段どおりケアでどんな結果が出るのかも楽しみではありましたよ。
     
     

    (1ヶ月チャレンジ編)平成31年3月1日から31日まで、ミモレとモイスチャーチェッカー毎朝測定してみたよ

    さてさて、以下の画像といいますか表ですが、グーグルドライブのスプレットシートで日々更新しているものです。(追記、すでに終了しているので、更新していたと云ったほうが正確でしょうか・・)
     

    【肌の状態を確認するための事前調査(平成31年3月1日~3月31日まで毎朝測定)】

    (結果)一ヶ月の数字でキノコ隊長の肌に評価を下すとすれば、、、インナードライか?

    【1ヶ月計測してみて点数化してみたよ】

    ミモレ スコア 52.8 pt
    透明度 52.0 点
    キメ 54.5 点
    微シワ 51.9 点
    チェッカー 判定 脂性肌
    水分量 32 %
    油分量 35 %
     
     
    画像による判断での保湿といいますか、肌についての評価をくだすとすれば100点満点で50点といったところでしょうか・・。平均的な肌と解釈してよいのかちょっと迷いどころ。全てにおいて50点台前半ということなので、落第点ではないということでしょうかね。ミモレの結果については、これからどれくらい数字が伸びるのか楽しみといったところ。
     
    問題は、モイスチャーチェッカーでの判定結果かと。水分量と油分量の平均値で判定結果を下すと、「脂性肌」ということになります。ただ、この数字をベースに本当にそのように判断して良いかというと疑問のよちあり。
     
    なぜならば、31日間あった3月の数字の中で、脂性肌との判定がでたのは5日ほどしかありません。その一方で、数多くの判定がくだされたのが、インナードライ(およびインナードライぎみ)で合計12日。これが最多です。
     
    実際これらを整理すると、、、
     
    普通肌:8日
    脂性肌:5日
    乾燥肌:6日
    ID:12日
     
    と、上記のようにまとめられます。
     
    では、ID(インナードライ)とは、どのようなお肌の状態なのでしょか?
     
    これは、水分量の不足を肌が察知し、保湿のために油分を体内から放出している状態といったらよいでしょうか。要するに、表面上は、保湿され潤っていうようにみえて、実は肌の内側では水分カラカラと云ったところ。
     
    実際にモイスチャーチェッカーの数字としても、水分量が20%前半、油分量が40%台を示していまます。求めるものが「普通肌」であれば、これが逆の数字になっていないと理想の状態と云えません。なるほど、「女性がいろいろしているのは、こうゆうことなのね」と今更ながら実感しているキノコ隊長なのでありました。
     
    さて、結果から、なにげに日々の習慣でおきていることに、妙な説得力というか納得感を覚えます。というのは、朝に顔を洗ってケアせず外出。で、奥様に「粉吹いた感じとダメ出しされる」という例のあれ。
     
    洗顔してケアせず顔の油分を消失したまま外出してますから、表皮の乾燥を補う前の素肌をさらけ出した状態になっているということでしょう。するとカサカサな肌が加速度的に粉を吹いていくというメカニズムがなりたつことに、、。というわけで、もともとの肌質と元来の面倒くさがりが粉吹き事件を誘発していたといったところでしょうか(笑
     
    いずれにしても、1ヶ月計測し続けた結果から読み取れるのは、あるじの肌質はインナードライぎみの肌質であるということ。
     
    あとは、これが美容液を使うことで、どのような変化がおこるかというのが次なる課題です。
     
    まぁ、これは結論を申せば二択で、くり返しになるけど「良くなる」または「ボロボロになる」か、しかあるまいて。というのも、何もしていなかったのでケアしたらそれなりの変化がおこるのが当然。ただ、使う美容液が体質に合わないということもありますので、カサカサボロボロで使用中止!なんてこともおこりえますよ、と。
     
    後者は、あるじに合わないというだけなので商品には罪はありません。問題は、どれくらいの変化で結果がでたかと云えるかということでしょうか・・
     
     

    とりあえず3ヶ月ヒト由来幹細胞美容液を試してみよう(チャレンジ編)

     

    計測は引き続き寝おきに1回、美容液を使うのは朝晩2回

    ざっくりと、評価の方向性は決まりましたよ、と。次いの決めごとは、計測のタイミングとヒト由来幹細胞美容液の使用回数と使用量といったところでしょうか。
     
    というのも、使いすぎればすぐに無くなるけれど、あるていど量を使えば効果は上がるかもしれません。その一方で、使いすぎというのは、単なるオーバーフローみたいなもの。お肌が吸収しきれない成分みたいなものはどこへ行く・・。はたして、美容液ってどれくらいの量を使ったらよいのでしょうか・・。
     
    そこで、美容液の箱をみてみると・・・
     

    適量って・・

     
    「適量」って・・・どれくらいですか????
     
    残念ながらキノコ隊長にそんな答えは持ち合わせてはおりません!
     
    そもそも美容液なって使ったことないし、それぞれの商品・製品によっても違うものではなかろうか?といいますか、30mlって一ヶ月分くらいなの?それとも2週間分くらい?また、1スポイトで何mlくらいなの?スポイト部分に目安のマーカーとかもないし・・
     
    いや、まじで適量ってどれくらい?という疑問が頭の中をぐるぐるです。
     
    そこでちょっとグーグル先生に聞いてみるキノコ隊長です。で、いろいろとネットサーフィンしながらポチポチしてますが、当該美容液をどれくらい使っているのかというブログとは見当たらず・・。そこで、一般的な美容液についてもポとポチしていると、
    ・マスカットが~
    ・500円玉で~
    ・100玉ぐらいが~
    ・15mlくらいの~
    ・ビンの底の大きさくらい
    などなど。
     
    なかなか解というか、納得できるものにたどり着けない・・。まったくもって困ったものです。
     
    そのにような中で、どことなくしっくりくるといいますか、それなりに腑に落ちたのが、「一般的な商品は、その容器一本で1ヶ月分で作られていることが多い」という文言。実は、ポチポチしすぎて、どのサイトでこんな内容を見たかは定かではありません。ただ、一本を1ヶ月で使いきるというのは、日々のものなのでそれなりに考えられている感じです。
     
    ということで、もう一つグーグル先生に質問を投げかけてみることにしましたよ。キーワードはこんな感じ、[ 30ml 1ヶ月 美容液 ]です。キノコ隊長向けの良いQ&Aが候補に上がってきましたよ。そんなサイトがこちら、、
     
     
    上記サイトの商品の美容液に関するQ&Aではあるのですが、
     
    以下引用
    Q .美容液は30mLでどのくらい持ちますか?
     
    A . パーフェクトCエッセンスとフィルムアップトリートメント30mlは朝・夜 2プッシュずつのご使用で約1ヶ月ほど、夜のみのご使用で約2ヶ月ほどご使用いただけます。
     
    60mlですと約2ヶ月〜2ヶ月半ほどご使用いただけます。
     
    津田コスメ通販サイトQ&Aより
    引用ここまで
     
    とのこと。これを端的に申せば、30mlの美容液を1ヶ月で使い切ると言い切れましょう。まぁ、単純計算で、一日1ml(1回あたり0.5ml)が使用量であると。というわけで、これを一つの目安にしてみることにします。
     
    ついで、実際の量ですが、スポイトにはメモリとかはございません。そこで、目分量になりますがこんな感じでちょっと比較をしてみました。
     
    ①普段使っている100均のプッシュ容器
    100均のプッシュ容器
    ※椿オイルを入れて、整髪料の代わりに使っています
     
    ②2プッシュして、手にとってみました

    椿オイルを2プッシュ

    ※100均のプッシュ容器は30mlくらいのもの
     
    ③スポイトでポタポタ1滴ずつ垂らしてみました

    だいたいぽたぽた8滴くらい

     
     
    画像ではアングルと、光の具合や粘度、表面張力で②と③の量が同じようには見えません。ただ、これで直接の目視では、ほぼ同等な分量。おそらく2プッシュで0.5mlくらいのものっぽい。そして、ポタポタ1滴ずつ垂らした美容液はだいたい8~9滴くらいで③の画像の分量になりました。
     
    というわけで、津田コスメの通販サイトのQ&Aに習って、朝晩1回ずつ、1回あたり0.5ml(スポイトで8~9滴くらい)を使っていくことにしてみましょう。
     
    まぁ、3ヶ月実践してみて、まったく効果がなかったときは、この分量が原因だったりするかもしれません。
     
     

    あらかじめ検証するための数値について目安を決めておきましょうか・・

    前段で、「問題は、どれくらいの変化で結果がでたと云えるかということでしょうか・・」と結んでおりました。いや、マジでほんとにどうしたものかです。
     
    肌触り良くなりました!いえぇ~い!というわけにも行きません。また、せっかく出した数字も、変化はわかっても効果についての目安や成功度合いもわかりません。ましてやメーカーでも肌や美容の専門家でもありません。「いやぁ~、良くなりましたね!」と、だれがどんな基準で云うのかと。
     
    そこで、スプレッドシートで次のような表計算をしてみましたよ。

    数字の変化をシュミレーション

     
    おわかりかと思いますが、事前測定した数字をベースに1.03~1.2と係数をかけてみました。それで、この表計算をしてみて感じるのは、1.2かけるということは20%アップするということ。お菓子じゃないので、20%増量中みたいな単純な話でありません。人の体のことですから、20%アップする効果って、ものすごいことかと。
     
    仮に、体重およそ60kgきるくらいのキノコ隊長が、20%増なら急に70kgに肉体改造。逆に、20%減なら、急に50kgきって病気?それとも体内で虫でも飼ってますか?なお話です。肌の評価と体重のお話は違いますかね(笑
     
    ただ、効果の度合いを判断するには、ほどよい表組みができたと考えてみたり。というのも、±3%程度なら誤算範疇でしょうし、+5%程度ならちゃんとケアしていればそれなりに出そう。また、+10%以上なら成分でもそれなりの効果と云って差し支えないなさそうです。
     
    そこで、この情報を元にちょっと整理してこげな5段階による判断の基準を設けてみることにしましたよ。
    【伸び率に基づく5段階の評価】
    段階
    判断基準 評   価
    ±2%
    効果は認められず誤差の範疇
    ~ 5%
    単純にケアをしたことでの効果
    ~10%
    美容液により肌の改善を見込める
    ~15%
    美容液により肌が改善された
    ~20%
    美容液により肌が劇的に改善された
     
    当然、ミモレの画像解析については、
    ・加齢からくる肌の老化
    ・子供のころからの日焼けの度合い
    ・食生活や生活習慣
    ・そもそも粗野なオッサン
    ということもあります。
    正直、劇的な効果はないと考えられます。
     
    また、今回のこの基準が高めのボール球で、判断の「は」の字にもならない目安ということも考えられます。というのも、実はレンジが非常に狭く、誤差の範疇が±0.3%の世界だってこともありえますから・・。
     
    まぁ、そこは実際に運用してみて、3ヶ月後に見直したり、何かしらの専門家のアドバイスがあったときに修正するとしていましょう。まずは、ちゃんとやりきれ!と。
     
    【参考:20%アップするとこうなります】
    項目
    事前測定
    20%UP
    保湿スコア
    52.8 pt
    63.0 pt
    透明度
    52.0 点
    62 点
    キメ
    54.5 点
    64 点
    微シワ
    51.9 点
    62 点
    判定結果
    脂性肌
    普通肌
    水分量
    32 %
    38 %
    油分量
    35 %
    28 %
     
     
     

    10日ごとの測定値と画像を確認してみよう!

    (初日)いよいよ計測スタート。前日の就寝前から使用を試みる!

     
    【初日のスコアを確認してみよう】
     
    項目
    事前測定
    初日
    対事前比
    保湿スコア
    52.8 pt
    51.3 pt
    97.1 %
    透明度
    52.0 点
    52 点
    100.0 %
    キメ
    54.5 点
    59 点
    108.2 %
    微シワ
    51.9 点
    43 点
    82.8 %
    判定結果
    脂性肌
    普通肌
    水分量
    32 %
    36 %
    112.5 %
    油分量
    35 %
    24 %
    68.5 %
     
    【初日のスコアをレーダーチャートで比較すると】

    ※水分量と油分量は、100%に数値を変換してグラフ化(モイスチャーチェッカーがMAX50%で計測するので2倍にして数値化しています)
     
    【初日の雑感ほか】
    4月1日の朝の計測値です。美容液は、前日の夜から使用開始しています。流石に初日ですので、誤差の範疇といえる変化かと。むしろ保湿スコアは、事前調査の平均値よりも低下(笑
     
    とりあえずケアの方法は次のような感じ。
     
    ①美容液およそ0.5ml(スポイトで8滴くらい)を朝晩1回ずつ塗布
    (使用量は上でみた画像くらいの量)
    ②保湿のために豆粒大のシアバターを手のひらで伸ばして①に上からケア

    豆粒大位の量のシアバター

     

    手のひらで温めて伸ばす

     
    以上!
     
    まぁ、こんな感じ。
     
    さしてケアらしいケアはしていません・・。
     
     
    【初日のハダモアのスコア】
    ハダモアスクショ
    4月1日の評価
    【総合点】56点
     ・透明感:52点
     ・キメ:59点
     ・微シワ:43点
     ・毛穴:41点
     ・美白度:67点
     ・シミ:75点
    【ハダモアコメント】
    ◎Good【美白度】
     きれいになってきましたね!
     お手入れの成果ですね!
     
    !Care【毛穴】
     ダメージ肌で毛穴が目立つことも・・・。保湿はどうかお忘れなく!
    ←キメ画像
    【本日のアドバイス】
    【洗顔】
     もう一度w洗顔を見直しましょう。そっと触るように優しく丁寧に行えば毛穴もくすみもクリアになります。
     
     乳液やクリームは気持ち多めにやさしく使うと、いままで以上に元気になりますよ!
    ←シミ画像
     
    次回からが本格的に変化が見えるものかと・・。果たして、四十路オヤジの肌は、うまい具合にへんかするのでしょうか? なんとも楽しみですね(笑
     

    (10日目)「普通肌」10日間継続中!肌にハリを感じる今日このごろ・・

    【10日目のスコアを確認してみよう】
     
    項目
    事前測定
    10日目
    対事前比
    参考(前回)
    保湿スコア
    52.8 pt
    53.0 pt
    100.3 %
    51.3 pt
    透明度
    52.0 点
    44 点
    84.6 %
    52 点
    キメ
    54.5 点
    53 点
    97.2 %
    59 点
    微シワ
    51.9 点
    62 点
    119.4 %
    43 点
    判定結果
    脂性肌
    普通肌
     
    普通肌
    水分量
    32 %
    38 %
    118.7 %
    36 %
    油分量
    35 %
    25 %
    71.4 %
    24 %
     
    【10日目のスコアをレーダーチャートで比較すると】

    ※水分量と油分量は、100%に数値を変換してグラフ化(モイスチャーチェッカーがMAX50%で計測するので2倍にして数値化しています)
     
    【10日目の雑感ほか】
    数字には現れないあくまでも感覚になるのですが、、
    4日目くらいでしょうか、どことなく肌にはりを感じ始めました。なんでしょう、単に太っただけ???そして、7日目くらいから、肌ざわりの良さを感じはじめました。
     
    数字的には、保湿ポイントについては、横ばい。といいますか、微シワが伸びているものの、他の1つは前月の平均より低下。良くなっているのかどうかは、数字的には実感できないところ。
     
    また、水分量と油分量については、10日目の数字がたまたまよく出ただけのような感じ。というのも10日間の数字を平均すると36%くらい。仮に、今後、コンスタントに38%くらいの数字を継続するならですけど、対事前調査に対して118.7%達成なんてみるとすごい数字みえますけどね・・。
     
    ただ、油分量については、24%くらいの数字で推移しているので、十分な肌のケアができれいることは事実なのかもしれません。あとは、こういった数字がコンスタント化するかどうかといったところかと。
     
    【10日目のハダモアのスコア】
    ハダモアスクショ
    4月10日の評価
    【総合点】59点
     ・透明感:44点
     ・キメ:53点
     ・微シワ:62点
     ・毛穴:51点
     ・美白度:73点
     ・シミ:70点
    【ハダモアコメント】
    ◎Good【美白度】
    くすみのないお肌をキープしているのは、日々のお手入れとライフスタイルが素敵なのです!
     
    !Care【透明感】
    コンシーラーが手放せない!くすみが溜まっているかもしれません。
    ←キメ画像
    【本日のアドバイス】
    【メイク】
    天気がイマイチな日には、元気なメイクで気分を盛り上げましょう!
     
    こまめにhada moreチェックすると変化がわかって楽しめますよ!ぜひ明日もチェックしてみてください。
     
    ←シミ画像
     
    次回、20日目はどうなりますかね?
     

    (20日目)シアバターからDHCのオリーブバージンオイルに変更しました

    【20日目のスコアを確認してみよう】
     
    項目
    事前測定
    20日目
    対事前比
    参考(前回)
    保湿スコア
    52.8 pt
    63.0 pt
    119.3 %
    53.0 pt
    透明度
    52.0 点
    53 点
    101.9 %
    44 点
    キメ
    54.5 点
    66 点
    121.1 %
    53 点
    微シワ
    51.9 点
    70 点
    134.8 %
    62 点
    判定結果
    脂性肌
    普通肌
     
    普通肌
    水分量
    32 %
    35 %
    109.3 %
    38 %
    油分量
    35 %
    22 %
    62.8 %
    25 %
     
    【20日目のスコアをレーダーチャートで比較すると】

    ※水分量と油分量は、100%に数値を変換してグラフ化(モイスチャーチェッカーがMAX50%で計測するので2倍にして数値化しています)
     
    【20日目の雑感ほか】
    公開している情報に反映はさせていませんが、10日目から室内湿度も記録するようにしておりました
    。季節によって数字にブレが出てくるかもしれませんので、最終的に検証するときに考慮すべき材料用意していたほうが良いかもしれないとの判断です。
     
    また、4月19日からシアバターあらためDHCのオリーブバージンオイルでケアをするようにしております。奥様から「こっちを使って!」との司令がでたので、シアバターの減りが早くて思うところあったのかしらん。
     

    DHCのオリーブバージンオイル

     
    なお、オリーブバージンオイル使用量は、2プッシュ。それを手のひらで温めて伸ばしてから使っております。初日の手のひらで伸ばしたあとのシアバターの画像と同じ感じです。まぁ、シアバターにしてもオリーブバージンオイルにしても、美容液でケアしている肌の上から油を塗って保湿ている状態ですかね。
     
    単に、上から油で膜を作っているようなものなので、これが理由で美容効果がアップすることは考えにくいものでしょう。
     
    ちなみに、DHCは「大学翻訳センター」の略!
     
    【20日目のハダモアのスコア】
    ハダモアスクショ
    4月20日の評価
    【総合点】62点
     ・透明感:53点
     ・キメ:66点
     ・微シワ:70点
     ・毛穴:44点
     ・美白度:63点
     ・シミ:74点
    【ハダモアコメント】
    ◎Good【微シワ】
    肌レベルがアップしました。
    美肌を保ちましょうね。
     
    !Care【毛穴】
    ダメージ肌で毛穴が目立つことも・・。保湿はどうかお忘れなく!
     
    ←キメ
    【本日のアドバイス】
    【メイク】
    くすみを消し、肌に明るさをプラスする化粧下地を使うと、キレイ度がますますアップ↑
     
    それでは明日もきれいの力が高まるhada moreをどうそお楽しみください。
     
    ←シミ
    次回は、30日目の情報ですね。一ヶ月経過でどれくらい変化してるでしょうか(笑
     
     
    プクタロウ
    毎度の長文駄文にお付き合いいただき
    キノコ隊長
    ありがとうございました!
     
    さてさて、最後まで継続できるでしょうか?乞うご期待!
     
    今回でてきたアイテムの詳細は、アマゾンでも確認できます。
     

     
    Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019