結局、月刊ステレオ8月号の付録(M800)はビクターのSP-FS1にポン付けされました | プクタロウの記録帳 -puku3.com-

結局、月刊ステレオ8月号の付録(M800)はビクターのSP-FS1にポン付けされました

夏のおまつり冬のおまつりへ?

2016年夏のスピーカーまつりは、別冊ステレオのキットで楽しみました。
バックロードホーンスピーカーを組み立てて、JBLの4343風のカラーリングに仕上げた記録はコチラにあります。
8月といえばオーディオ雑誌の付録。 恒例と言えば恒例な流れになってたりしますよね。 2015年にいたっては、Stereo誌(foxtex)とDigifi誌(Olasonic)の戦いのようにもなって...
 
スピーカーまつりのあと、およそ3ヶ月ほど経過しました。
キノコ隊長はというと、このところバックロードホーンを使うのに飽きてきたようです。
ちょっと前まで使われていた箱にまた火が灯りはじめましたよ・・
 
というわけで、今回は、SP-FS1×M800+MG20のお話です。 
スポンサーリンク

この家でのVictor SP-FS1 のこれまで

VictorのSP-FS1がわが家にやってきた

さて、今回登場のSP-FS1ですが、この家にやってきたのは2015年の12月のこと。
DigiFi19号の付録スピーカーをポン付けするためにやってきたのでした。
 
ことの発端は、雑誌DigiFiの19号の付録スピーカーユニットを手にしたのはよし。
ただ、根性なしのキノコ隊長は、あれこれ手を焼くことには躊躇。
ステレオサウンド社のサイトから専用エンクロージャーの通販でもよいのでしょうが、それなりなお値段を出すのは得なのか??と考えたようです。
 
で、何人かの方のブログなどを漁ったりした結果、VictorのSP-FS1へのポン付けすることに。
 
とはいえ、近所のハードオフには見つからず、他にも中古やにあたったものの見当たらす・・
最終的にヤフオクで落札して、この家に運ばれてきたましたよ。
それが2015年の11月のこと。 

マスクをつけて変身!

その後、雑誌DigiFiの20号が発売。
当然のように、付録のツイーターを手に入れるわけです。
 
ところが、どのようにツイーターをSP-FS1に取り付けたら良いかおもいつきません。
そして、ツイーターを取り付けないことには音もその効果も楽しめません。
ツイーターのスタンドがあれば・・と。
で、とにかく早く楽しみたくて悩んだ結果、N2 factoryのアイテムを購入することにしたのです。
 
選択したアイテムはコチラ。
N2factoryのNH-2 (フロントバッフル・ペア)

NH-2 (フロントバッフル・ペア)

 
これは、雑誌DigiFiの出版元であるステレオサウンド社の通販で購入できます。
Digifi19号の付録スピーカー専用のNM-1およびNM-3というエンクロージャー用になります。
アルミのコンパクトなボディ用なのですが、NH-2は削りだし加工で仕上げられているものです。
今現在(2016年12月15日)も販売されておりますので、気になった方はどうぞ。
 
で、SP-FS1に取り付けようと思ったところ、サランネットのピンが邪魔をしてそのままでは使用できず・・。
仕方なく、ワッシャーと大きめのナットをあいだに挟んで高さを調整して利用してます。
 
その結果、こんな感じで設置しておりましたよ。
sp-fs1×Digifi19-20(NH-2仕様)

SP-FS1×DigiFi19-20(NH-2仕様)

 
 
オマケで別アングルも・・
sp-fs1×Digifi19-20(NH-2仕様)別アングル

SP-FS1×DigiFi19-20(NH-2仕様)別アングル

ちょっとフロントバッフルが浮いて言えると思います。
サランネット用のピンがぶつかるので、ナットを噛ませて浮かせていることがわかるかと思います。

そもそもVictorのSP-FS1ってどんなもの?

こまかいところは他のひとの専売特許

VictorのSP-FS1については、他のひともいろいろ語っているので詳細は不要かと・・
プクタロウ

 グーグル先生にでも聞いてください!

 
それでもちょっとだけ触れると・・
もともとはミニコンポのセットのスピーカーで、こだわりのチェリー材でつくられたエンクロージャーなのだとか。
現在のビクターのウッドコーンスピーカーの源流ともいえる商品で、当時から音にも定評のあるスピーカーです。
 
隊長はというと、
「音がいいらしい・・」
「チェリー材??」
「ヤフオクでも4000円くらい?」
と、こんな情報をもとに盛り上がり購入にいたっていたのですね。
 
ところが2016年夏、別冊ステレオのバックロードホーンキットがこの家にやってくると、その役割を果たさなくなってしまったのです。 

バックロードホーンからM800が外された・・

バックロードホーンのキットには、ふつうにM800が取り付けて使用しておりました。
 
その後、ツイーターたスタンドを製作し、バックロードホーンの上の置かれるようになってました。
 
ちなみに、コチラの記事はツイータースタンドを製作記。
自信はないけど試したい 雑誌の誘惑・・ 近ごろのオーディオ系の雑誌には、スピーカーや基盤など付録がつくことが多いですよね。 自作派の人にとっては、いろいろ楽しめるかとは思います。 一方で、興味...
 
製作方法のコチラは紙芝居動画の記録。
記録帳をつくり始め、本格稼働はこの10月 プクタロウとしては、夏くらいからこの記録帳のことは考えていたのです。 が、ウエブの神さまGoogle神や通販キングのAmazon王と仲よくなるためにいろい...
 
両方とも、防臭ゴムとメーターホルダーでDigiFi20号の付録ツイーターのスタンドをつくったという内容です。
読んでいない方は、ご参考にどうぞ。
とりあえずこのツイーターは「MG20ツィーター」と、命名されております。
 
ただ、M800のバックロードホーンにMG20ツイーターを加えると、ハイが強くキンキンした感じになったのです。
とくに強い金管が楽器の音がしたときには、なにかピリピリした感覚が耳に残ります。
 
そこでバックロードホーンキットから、M800は外されDigiFi19号のグラスコーンのスピーカーユニットが取り付けられたのです。
というわけでバックロードホーンのキットは、DigiFi19-20号が取り付けられております。
まぁ、Olasonicさん(付録スピーカーを開発した会社)は、DigiFi19号の付録スピーカーユニットに合わせ、20号のツイーターを設計しているわけですから・・
当たり前の組み合わせになるのかもしれません。
 
で、残ったM800はというと・・・ 

違いを表現するならば・・

結論をひと言でいと・・

そう、VictorのSP-FS1に取り付けられたのです。
 
さて、この家では、PCオーディオの音の出口としてこれらの付録スピーカーユニットが活躍しております。
 
現状の組み合わせを整理すると、
別冊ステレオのバックロードホーン・キットとDigiFi19-20号付録
(以下、「BH×DigiFi19+MG20」としておきます)
 
SP-FS1とステレオ8号(2016年)の付録
(以下、SP-FS1×M800+MG20)
 
とい状況にあります。
 
その違いをひと言で表現すると「ホールとスタジオの音の違い」という感じです。
 形状もことなりますので、同じ8cmのユニットでもそりゃ違います。
 
ちなみによく再生されている音楽は、ClassicやJazz、70年代のダンスミュージックでしょうか。
あとは映画のサントラが流れています。
音源はだいたいCDからFLACファイルに変換したものをfoobar2000を使って再生しています。
 
では、それぞれの違いをちょっとだけ見てみましょう。 

BH×DigiFi19+MG20

BH×Digifi1920

BH×DigiFi1920

 
この組み合わせで音を鳴らすと、ホールで聴くようなイメージの音がでてきます。
男性のアナウンサーなどの声は、響いてはいるのでしょうがちょっとボーボーした感じがします。
デジタル的な音もふつうにきけます。
ただ、空気感が邪魔をしてスピード感に欠く感覚があります。
 
プクタロウ的に心地よく聴くことができるのは、ヴァイオリンの音。
 
チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲とか聴いていると、ニンマリ・・
また、GM20ツイーターを追加した組み合わせになっているので、組曲「くるみ割り人形」の金平糖の精の踊りのチェレスタがなかなか良く響きます。 

SP-FS1×M800+MG20

SP-FS1×M800+MG20

SP-FS1×M800+MG20

 
こちらの組み合わせは、スタジオや小ホールで聴くような音のイメージがします。
M800そのものが高い音の領域を出すのですが、なにげに低音がステキになります。
チェリー材の硬さからくるのだと思うのですが、小さな箱ながら、なかなかの低音がでます。
M800は、中高域を鳴らすのに適したユニットなのでしょう。
するとシャリシャリ感が強くなるように感じがしますが、小さな箱が頑張ってくれるみたいです。
 
プクタロウ的に心地よく聴くことができるのは、ピアノの音。
 
3つのジムノペティとかLonging/Loveとか聴いていると、ニンマリ・・
それとなにげに、映画『スペース・カウボーイ』のエンディング、フランク・シナトラの”Fly me to the moon”とか聴いたら喜びます。
 
ちなみに、バックロードホーンのキットにM800を取り付けてMG20を載せると聞き苦しさがあったことは記したとおりです。
不思議なことに、SP-FS1にM800+MG20を載せても嫌みなく聴くことができるのがちょっと不思議。
しかも、気もちMG20を載せたときの方が低音がでている感じになるのです。
 
こればかりは感覚的なものかもしれませんが・・ 

さてさて、スピーカースタンドでもつくろうか?

工作を楽しんだ労力のあと3~4ヶ月経ってポン付け戻り・・

PCオーディオ環境にて、8cmのスピーカーユニットを楽しんでいるキノコ隊長です。
工作までして頑張ったのですが、バックロードホーン・キットの出番は・・
まぁまぁ、減少ですわな。
それでSP-FS1のエンクロージャーにポン付けされたM800がここにきて活躍しております。
 
さてさて、夏のBHまつりは・・(不発??不発だったの???)
 
まぁ、今後は次の用に使い分けるんですかね。
・ホール系の音を楽しみたいときはBH×DigiFi1920
・スタジオまたは小ホール系のときはSP-FS1×M800+MG20
ただ、使い分けるのってめんどうだったり・・
 
いずれにしても、8cmのユニットのスピーカーが頑張って鳴っております。
SP-FS1×M800+MG20別ショット

SP-FS1×M800+MG20別ショット

 

スピーカースタンドを作りたいかなぁ・・

そして、いまキノコ隊長が検討中なことがあります。
 
それはスピーカースタンドが欲しいということ。
現在、PCオーディオで使っているBH×DigiFi1920とSP-FS1×M800+MG20の高さを出したいみたいです。
 
100均のまな板やMDF板を見たりと探してはいるものの飛びつくまでは行かず。
多分、DIYショップに行って、板をカットしてもらえばすぐ済むことなのだと思うのですが・・
重い腰があがるのはいつのことやら。
 
というわけで、2016年のオーディオの記録のひとつコマ、スピーカー編でした。
 
プクタロウ
次はこの一年で揃えたPCオーディオのお話ですか?
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
スポンサーリンク